洗顔で重要な「泡立て」について

洗顔で重要な「泡立て」について

—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—–+—-+—-+—-+

肌寒さも感じるこの頃。乾燥、くすみ、など、お肌変化も感じやすい季節となりました。
今回は、洗顔のポイントのひとつでもある、「泡立て」についてお話します。

===============================================================

☆泡で優しくケアできるのはLAFEEJE!
■まだお試しじゃない方は3分でわかるアニメをご覧ください■

===============================================================

「洗顔の泡立て」ってすごく大事だと、よく言われてますよね??
スキンケアをする上で、とても重要なんです。

なぜ重要なんでしょうか??

———————————————————————–

1番目のキーワードは、「汚れ」

キメ細かい泡であればある程、深部に入った落としにくい小さい汚れも落としやすくなります。
お肌の汚れや余分な皮脂をきちんとオフすることで
不必要な酸化(ダメージ)を防ぎやすくしてくれます。

2番目のキーワードは、「優しく洗う」

成分が優しいというのは当たり前ですが、 弾力のあるキメの細かい泡を立てる事によって
肌に手が触れにくくなります。

お肌に摩擦などの余計な負担をかけず、泡を転がしながら優しく洗うことができるのです。
摩擦が起こるとどうなるのでしょう??
お肌に摩擦がかかることで、角質にダメージを与え、メラニンや活性酸素が発生し
シミ・シワ・タルミなどの老化の原因になることも・・・・。

3番目のキーワードは、「美肌へ導く」

「洗顔料の目的は、汚れを落とすこと」と一般的には言われています。
使用する洗顔料にもよりますが、実はよい洗顔料の目的は少し違うのです。
何が違うのでしょう??

「洗うと同時にお肌に良い成分を与える!!」ことが目的となるのです。

———————————————————————–

優しく汚れを落とすだけでなく、整肌の役割も担ってくれます。
特に整肌成分が豊富で密度が濃ければ濃いほど、キメの細かい泡でないと、
その良い成分が入りにくいからです。

しかも、保水成分がしっかり入っている場合、
その後の化粧水や美容液の浸透率までかわってくるとも言われているので、あなどれませんよね。

美肌のカギを握るのは「洗顔」

毎日使うものだから・・・
可能な限り配合成分を把握し、自分の肌にあった洗顔料を使っていきたいですよね。

朝、晩の洗顔ひとつで、数年後のお肌が決まるといっても過言ではありません。

===============================================================

夏に酷使したお肌にはケアが必要です。
☆今までになかった新感覚の「生」プラセンタ美容液をお試しください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です