UVカット、強いもの程、お肌への負担が大きい?ってウソ?

UVカット、強いもの程、お肌への負担が大きい?ってウソ?

—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+-

日差しも強く、本格的に紫外線対策が必要な時期となってきました!

世間一般的にはUVカット力が強いもの程、お肌への負担があり、
弱い程、お肌への負担が少ないというイメージを抱きがち。

果たして、そうなのでしょうか??

紫外線ケアアイテムでも、よく目にする、SPF、PA。
PA+++表記に関しては、強い方が、お肌への負担が少ないという見解が実は多かったりします。
———————————————————————–

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。

SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるという事になります。

PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略。
皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもの。

SPF数値は紫外線の影響を抑える時間であり強さを示す数値ではありません。
仮に、SPF50のUVカットでも、SPF10のカットより薄く塗れば、効果は弱くなります。

———————————————————————–

紫外線対策で負担がかかりやすいお肌もラフェージュなら安心♪
ラフェージュの秘密はこちらをクリックしてね
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://lafeeje.jp/secret2.html?ml

===============================================================

なぜ、数値が高い方がお肌への負担が大きいといわれているのか??
その解説は、また次回にお伝えしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です