※以下の説明について、一般に言われている事柄であり効果効能を保証するものではありません。また製品時に同様の効果を保証するものではありません。
(配合成分/配合目的/説明)

コカミドブロビルベタイン(起泡・洗浄)
天然のヤシ油を原料として作られた洗浄剤で、刺激性はほとんどないとされていて、ベビーシャンプーなどにも使用されている洗浄剤・起泡剤です。

カリ石ケン素地(起泡・洗浄)
天然のヤシ油を原料として作られた純粋な石鹸です。高い洗浄力があるとされています。

BG(保湿)
さとうきび原料として作られた天然の多糖類です。肌に保湿効果をもたらすと言われてます。

グリセリン(保湿)
天然のヤシ油を原料として作られた保湿剤で、効果としては保湿効果が高く、しっとりした肌にみちびく作用があると言われてます。

ペタイン(保湿)
ビート糖からえられた、アミノ酸系の植物性天然保湿剤です。肌に潤いやなめらかさを与えてくれると言われてます。

PCA-Na(保湿)
ピロリンドンカルボン酸ナトリウム液です。角質層の中に多量に含まれている有機酸で天然保湿因子の一つ。弾力性を与えてくれます。

ソルビトール(保湿)
なし、りんご、バラ科の植物に含まれている化合物です。肌の角質細胞に潤いをもたらすと言われてます。

グルコース(保湿)
でんぷんを原料として作られています。天然高分子であり乾燥肌によいと言われています。

チャエキス(保湿)
日本茶の生葉から抽出したエキスです。酸化防止作用、ニキビ防止や毛穴ケアによいと言われています。

リンゴ酸(保湿)
主としてりんごに多く含まれている酸の一つです。肌あれを防いでくれる作用があると言われています。

乳酸(保湿)
ヒドロキシ酸の一種です。肌の引き締め効果があると言われています。

クエン酸(ph調整)
柑橘類に多く含まれている有機酸です。製品の酸化防止、PH調整などに使われます。

セリン(保湿)
肌の水分量を保つために重要な保湿成分の一つで、角質層では最も多いアミノ酸成分です。肌の保湿成分であるグリシンの原料ともなると言われています。

グリシン(保湿)
生体内でセリンなどから生合成される中性アミノ酸。保湿効果が高いと言われています。

グルタミン酸(保湿)
皮膚角質層に存在するNMF(天然保湿因子)を構成しているアミノ酸。ターンオーバーの正常化に良いと言われています。

アラニン(保湿)
天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸系保湿成分です。角質層の保湿力の維持ターンオーバーの正常化に良いと言われています。

アルギニン(保湿)
天然に存在するアミノ酸の一つ(アミノ吉草酸)。美肌によいと言われてます。

リシン(保湿)
タンパク質構成アミノ酸で必須アミノ酸です。大豆などに多く含まれます。美肌にいいと言われてます。

トレオニン(保湿)
天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸系保湿成分です。皮膚コンディションを整えると言われています。ターンオーバーの正常化に良いと言われてます。

ブロリン(保湿)
天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸系保湿成分です。皮膚コンディションを整えると言われてます。ターンオーバーの正常化に良いと言われてます。

ノバラ油(香り)
バラ科の植物(カニナバラ)の果実から得られた高価な精油。華やかなバラ様香気があるとされています。

ニオイテンジグアオイ油(香り)
原産国はエジプトとされ、一般にゼラニウム油と呼ばれ、ほのかに甘い香りがあります

メチルバラベン(防腐)
化粧品の代表的な防腐剤の一つで製品を微生物から守り最後まで安心して使える為に使用しています。肌が敏感である人に対してもピリピリ感も無く、金属系ではないので金属アレルギーがある人向きとされています。